株式会社 R+house

資金計画について

住宅ローンは、無理なく借りて、
無理なく返すのが鉄則

               

マイホーム購入は一生にそう何度もない大きな買い物のひとつ。だからこそ、どの工務店で建てるかというだけでなく、住宅ローンの選び方、借り方、返し方まで慎重に検討したいところです。こちらでは、大阪府枚方市で注文住宅、新築一戸建てを手がける工務店「アールプラスハウスひらかた」が、住宅取得で重要な位置を占める資金計画についてお話しします。

「賢い家づくり勉強会」の参加で、人生設計を手堅く

注文住宅でも、お打ち合わせから数ヶ月程度あれば家は建ちます。しかし住宅を購入された方にとって建物の完成が“終わり”ではありません。長期にわたって住み、また長期にわたって住宅ローンを返済していくことを考えれば、ここが本当の意味での出発点と言えるでしょう。ケースにもよりますが20年、30年と人生の大半を費やすことを考えれば、適当に住宅ローンを選んだり、返済額を安易に設定したりしてはいけません。ともすれば、その後の生活に大打撃を与える要因ともなりかねないからです。こうした事態を招かないためにも、購入前にしっかりと資金計画、返済計画を立てましょう。アールプラスハウスひらかたが主催する「賢い家づくり勉強会」は、まさにこうしたお金の問題を中心にしたセミナー。資産運用に豊富な経験を持つ講師が、皆様のご事情に合った資金計画をアドバイスいたします。
                   賢い家づくり勉強会の画像

ライフプランを念頭に置いた資金計画を

住宅ローンの支払総額は何千万と高額です。だからといって、返済を早く済ませようと毎月の支払いやボーナス支払いを多くしすぎるとその後の人生設計が大きく狂うことがあるので要注意。たとえば、ローン返済が大きくなれば、その分、お子様の教育費やご自身の老後資金が目減りしてしまうからです。一般に「住居費」「教育費」「老後費」が人生の三大支出と言われますが、これらの均衡を取ることが何より大切です。ご自身にとって、無理のない借り方、返し方とはどのようなものか、それを可能にする住宅ローンはどの商品かをよく検討しましょう。もちろん、どの金利タイミングで借り入れるかも重要なポイントのひとつです。
ライフプランを念頭に置いた資金計画を

建築費用以外のコストもしっかり押さえる

マイホーム購入資金と一口に言っても、これには土地の購入代金や家の建築費用だけでなく、住宅取得や維持に伴う税も含まれます。そのほか家具・家財の購入や引っ越しに関わる費用も別に捻出しなければなりません。この費用の全体像をいかに把握するかが、資金計画の成否を握る重要な側面と言えるでしょう。しかし、初めて住宅取得をされる方ではそこまでなかなか見渡せないのも事実です。その点、資金計画の立案でも豊富なノウハウを持つアールプラスハウスひらかたなら、住宅購入に必要な経費をすべてリストアップし、ご提示できるのでご安心ください。また当店では、国土交通省などの公的機関など信頼できる情報元のデータを基準にしたライフシミュレーションをもとに、家づくりにかかる正確な総予算を算出できます。これなら、追加費用が発生するといった心配もいりません。
建築費用以外のコストもしっかり押さえる

自分にとって最適な住宅ローンを知るには

家という高額商品をキャッシュで手に入れられるのはごく限られた人だけ。大多数の方は住宅ローンを利用して購入します。しかし、一口に住宅ローンと言ってもじつに4,800種類もの商品があり、金利が固定しているものや変動するもの、初回から完済まで月々の返済額が変わらないもの、段階的に増えていくもの、それらを組み合わせたものなどを含め、さまざまなバリエーションが存在しているため、どれが自分に合ったものなのか見極めるのはとても困難です。だからといって、返済できればどれでも良いからと適当に選ぶのはNGです。ローンひとつで毎月の支払額、金利、返済総額に大きな開きが生じるからです。その点、アールプラスハウスひらかたなら、お客様のご事情、経済力を勘案して最適な住宅ローンをご提案できますのでご安心ください。
自分にとって最適な住宅ローンを知るに